更年期障害の原因エストロゲンの減少にもテストテロンの減少にも有効な大豆イソフラボン

更年期障害は女性が45歳から55歳の閉経を迎える時期に卵巣機能が衰え女性ホルモンの分泌が減少しホルモンバランスの乱れによりホットフラッシュやスウェッティングなどの症状が現れることです。

またこの年齢の頃には子供の独立や夫の定年あるいは親の介護など家族内にも変化が現れ生活リズムが急激に変わり精神的ストレスを受けやすい時期でもあります。

更年期障害の症状には個人差があり全く症状を感じない人もいれば日常生活に支障をきたすほど重い症状の人もいます。

身体的にはほてり、のぼせ、めまい、頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれなど精神的にはイライラ、うつ、睡眠障害、倦怠感など人によりさまさまな症状が現れます。

女性の更年期障害の原因である女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌減少にはエストロゲンと似た働きをする大豆に含まれるイソフラボンを摂取することで症状の改善を期待することができます。

最近では男性にも更年期があると提唱されています。男性の更年期障害の症状には疲労、だるさ、うつ、動悸、頻尿、EDなどの症状があり症状、重さとも女性同様個人差があります。

男性の更年期障害も男性ホルモンのひとつテストテロンの分泌減少が原因です。テストテロンには血流を良くする働きがあるためテストテロンが減少すると心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンだけでなくテストテロンとも似た作用を持っているため男性の更年期障害にも有効であると言われています。

 

更年期にサプリを試そう

自分の体調に変化が出てくると、普段の生活に影響を与えることもあるかもしれません。今までは問題なくできたことも難しくなると、何かの病気が潜んでいるのではと心配になる人が珍しくないです。

もし、年齢が高くなり身体に変化が出てきたなら、自分の身体のことを考えるといいでしょう。

更年期になるとそれまでとは違った変化が出ることがあるため、はじめは驚くかもしれません。自分の身体の変化に対応するためにも、食生活や生活スタイルを見直すといいです。

とくに大豆や田七人参を試すなど、自分で工夫するといいかもしれません。食生活を急に変えるのが難しい場合は、更年期におすすめのサプリを活用するといいでしょう。

サプリなら手軽に利用できるので、仕事が忙しい人や調理に時間がとれない人に適しているかもしれません。年齢による身体の変化に対応するためにも、自分の意識を変えるといいです。生活を変えることで症状が緩和されることもあるので、いろいろ試すといいでしょう。